産後の骨盤矯正

産後に骨盤がゆがむ理由とは?

出産時、赤ちゃんが無事に生まれて来られるように、リラキシンという女性ホルモンが分泌されます。妊娠3か月目くらいから分泌されるホルモンで、骨盤と関節を緩める働きがあります。

赤ちゃんを通りやすくするために、ラキシンの分泌は必要なプロセスですが、周辺筋肉や関節に負担がかかることにより、後になって痛みや不調を引き起こしてしまいます。産後に肩こりや腰痛、股関節の痛みなどの症状があらわれる理由の一つは、このホルモンバランスの崩れだと言われています。さらに、妊娠中もお腹が大きくなっていくにつれて、身体の重心がズレていくため、他の部位に負担がかかり不調を起こしやすくなります。

妊娠・出産によってゆがんだ骨盤は自然に戻ることはありません。そのため、骨盤のゆがみによる体調不良や体型変化を解消するには、産後のケアがとても大切です。

 

 

産後は健康体を手に入れるチャンス

妊婦整体|石巻市産後に骨盤がゆがみやすくなるというとネガティブに考える方が多いですが、逆を言えば健康体を手に入れるチャンスでもあります。女性ホルモン・リラキシンは産後も分泌され、関節や筋肉が動きやすい状態になります。そのことから、産後は骨盤矯正の効果を実感しやすい時期だと言えるのです。

産後2ヶ月で体調が落ち着いてきたころであれば、骨盤矯正を始められます。当院では患者さまの体調や症状を丁寧に確認しつつ、無理のない治療をいたしますので、安心して治療を受けにいらしてください!