スポーツ外傷・スポーツ障害

スポーツ外傷

  • 転んで足をひねってしまった
  • ジャンプ着地時にバランスを崩して、足を捻挫した
  • ふくらはぎを痛めてしまった
  • 骨が折れてしまった
  • 脱臼してしまった

など、スポーツ中に外部からの大きな衝撃によって引き起こされるケガのことを、スポーツ外傷と言います。突然の強い力によって生じることから、急性的なケガとして扱われます。

例としては、骨折・脱臼・捻挫・挫傷(肉離れ)、打撲などがスポーツ外傷にあたります。スポーツ外傷は保険が適用できます。

安静と早期のリハビリが大事です

急性的なケガに該当するスポーツ外傷には、まず患部を保護して安静にする必要があります。ケガした直後の症状を和らげてから治療をはじめ、本格的なリハビリを目指していくことが理想的です。

これらの対応が遅れると早期回復が不可能になり、別のケガを引き起こすリスクが高まってしまいます。それを防ぐためにもすぐに応急処置をして、スムーズな回復を目指していきましょう。

骨折と脱臼の治療は、医療機関からの同意書が必要です

骨折・脱臼・捻挫・挫傷(肉離れ)・打撲などのスポーツ外傷の治療は、整骨院で治療を受けられます。骨折と脱臼の治療を受ける場合は、医療機関からの同意書をお持ちのうえでご来院ください。応急処置としての場合は、同意書なしでも対応できます。

スポーツ障害

スポーツ障害|石巻市スポーツ中、同じ場所への負担をかけ続けることによって起こるものが、スポーツ障害です。スポーツ障害になると、痛みに加えて患部を動かしにくくなるなどの可動域の制限もあらわれます。

スポーツ障害には、「オーバーユースによるもの」「オーバーロードによるもの」の2つのタイプがあります

オーバーユースとは、特定の部位に負担をかけ続ける、いわゆる「使い過ぎ」な状態のことを意味します。例としてはテニス肘・野球肘・ゴルフ肘、シンスプリント、ジャンパー膝、アキレス腱炎、疲労骨折などが挙げられます。

対してオーバーロードは強い力で特定の部位に負担をかける状態のことで、例えば重量挙げの選手に起こりやすい状態だと言えます。

  • 「痛みのあまりスポーツができない」
  • 「だんだん痛みが強くなってきた」

などのお悩みをお持ちの方は早めにご相談ください。

また、「以前ケガをした場所が痛み出し、動かすことができなくなった」というスポーツ外傷の症状がスポーツ障害の症状に変わるというケースもあります。
いずれにせよ、早めの対処が必要となります。

コンディションを改善して、スポーツ障害の再発を防ぎましょう!

スポーツ障害の主な原因は、プレー中の無理な姿勢やフォームです。そのため、病院や整骨院、接骨院で治療をして症状改善を目指すことも大事ですが、同時に普段からの姿勢やフォームを見直して再発防止を防ぐことも大事です。

一度治療で症状を改善しても、同じ姿勢でプレーを続けていては痛みや不調が戻ってきてしまいます。そこで当院では患者さま一人ひとりの体型や体力、筋力バランスなどに合わせたプレーやフォーム、トレーニング方法を考え、特定の場所に無理な負担をかけ続ける状態を改善していきます。

以前と同じような、そして以前よりも充実したスポーツライフを楽しむためにも、回復に向けて一緒に頑張っていきましょう。