腰痛の原因と症状

腰痛の原因

腰痛は主に慢性的な腰痛とぎっくり腰、ヘルニアの3種類で、種類によってその原因も異なります。

慢性的な腰痛
症状 腰に鈍く重い痛みが走る。座っているとき、立っているとき、歩いているとき、寝ているときに痛む。
原因 普段の姿勢、運動不足、食生活が影響しているケース、肥満、長時間のデスクワークが続いたことで起こるケースなどが考えられる。日常生活から影響を受けて起こるケースが多い。
ぎっくり腰
症状 腰に強い痛みが走るタイプの、急性的な腰痛。別名「急性腰痛症」「腰椎捻挫」。強い捻挫を起こした状態に似ていることから、「腰の捻挫」と呼ばれている。
原因 腰を支える靭帯や筋肉に急な負担がかかることにより、組織に断裂が起こる。慢性的な腰痛による負担が蓄積し、突然ぎっくり腰を発症することもある。
ヘルニア
症状 腰の痛みと同時にしびれを伴う。正式には「椎間板ヘルニア」と言う。咳やくしゃみをしただけで腰が痛む、足に力が入らないなどの症状も伴う。
原因 椎間板の組織が外に飛び出すことにより、神経が圧迫される。その結果、血流障害や炎症が起こり、痛みやしびれにつながる。

腰痛の原因は身体のゆがみが関係することも!

腰痛の原因はタイプによってそれぞれ異なりますが、最近の臨床研究では「身体のゆがみが大きく関係している」と考えられています。

背骨や骨盤、筋肉のゆがみによって身体のバランスが悪くなると、神経が圧迫されるために痛みがあらわれます。これは腰痛だけでなく慢性的な肩こりや首こりにも言えることです。

例えば長時間のデスクワークや立ち仕事、体重の増加、妊娠中・産後のダメージなどが、ゆがみの原因だとされています。これらの原因によって慢性的な腰痛が引き起こされ、その負担が積み重なってぎっくり腰に発展するケースもあります。

また、身体のゆがみが原因で腰痛が起こる場合は、一時的なマッサージや治療では改善を期待できません。まずゆがみを正して筋肉や関節のバランスを整えることこそが、根本的な腰痛治療のポイントとなります。

腰の痛みには早めの治療が肝心です。当院でも原因の確認から症状改善、再発防止まで丁寧にサポートさせていただきますので、腰の痛みにお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!